子供の起立性調節障害で君津からも来院のある整骨院 | 茂原市の茂原しん整骨院

千葉県茂原市高師1695
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります
  • 診療時間
  • 電話番号
アクセス

子供の起立性調節障害で君津からも来院のある整骨院

2018/04/19 | カテゴリー:スタッフブログ

茂原の茂原しん整骨院の山岡です。

当院には子供の起立性調節障害で県内外問わずご来院されています。県内では君津からのご来院も多いです。君津方面からは特に起立性調節障害での悩みを抱えた子供たちが、ご両親に連れられて来院することが多いように感じます。君津であれば当院まで50分ほどで来院することができるようなので通院も苦にならないですね(^^)

 

起立性調節障害で先日君津から来院した子は、中学生の男の子でした。彼は起立性調節障害の特徴であるように、起床時から午前中にかけての時間が特に体調が悪く、午後になると徐々に調子が良くなっていく症状が出ており、無理をして親御さんに学校に送ってもらったとしても、朝礼などで強い症状が出て失神までしてしまう事が続くことで、気が付けば長期欠席が続き不登校になってしまったようです。

「子供 フリー素材 イラスト 体調不良」の画像検索結果君津から来院した男子中学生と同じように、起立性調節障害によって思うように学校へ通えない状況下にある小学生や中学生、高校生は全国にたくさんいます。不登校児の約4割、軽度のものを合わせると文献によっては約7割の子供たちが起立性調節障害が起因となって通学が出来ていないとされていますが、「不登校と起立性調節障害の関係性」はあまり世に知られていないという現実もあります。そういった子供たちの為に、当院では精密な検査を経て根本的な起立性調節障害の改善を目指す施術をさせていただいており、口コミで県内外問わず多くの子供たちがご両親と共に当院を訪れています。

 

ではなぜ、子供の起立性調節障害と不登校児との関係性はあまり世に知られていないのでしょうか?

それは起立性調節障害の症状の出方の特徴がカギとなります。

子供の起立性調節障害では上記したように、起床時から午前中にかけての不調が特徴的です。自律神経機能に異常をきたすことで、朝起きる事が出来ず寝起きが非常に悪い、起きても身体がだるいと言って家でゴロゴロしている事が多くなる、物事に集中できずやる気が出ない等々、午前中にこういった症状が出て学校に行けずにいるが、午後から夕方にかけて元気になりそのまま夜更かしとなるのが子供の起立性調節障害です。

子供たちがこのような症状を訴えると、両親や教師など周囲の大人たちは、たるんでいる…怠けてる…だらしない生活…不規則な生活しているから調子が悪いんだ…と軽度の症状では子供の訴えを聞いても、学校に行きたくないから仮病を使っている、気合が足りないから、というように身体機能の異常ではなく、「単なる気持ちの問題程度にしか思わないこと」が子供たちの起立性調節障害と不登校の関係性が知られていない原因です。

 

子供の起立性調節障害は気持ちの切り替えや生活習慣の見直しで治るものではありません。自律神経機能の異常によって発生したものが気の持ちようで変わるわけがありません。なぜ自律神経の失調が起きているのか、そこを改善しない限り子供たちの身体は悪化の道をたどります。

 

子供たちの将来の人生を守る為に当院でお力になれれば幸いです。

子供の起立性調節障害でお困りの方はお気軽にご相談ください。

スタッフブログ一覧へ戻る

茂原しん整骨院 電話番号
大網白里整骨院 電話番号

交通事故お役立ち情報

一覧はこちら

症状別に見る

一覧はこちら

施術メニュー

一覧はこちら

当院について

アクセス情報

住所
千葉県茂原市高師1695番地
診療時間
午 前 10:00~13:00
※土曜日・祝日は9:00~
午 後 16:00~22:00
定休日 水・土・祝午後、日曜
電話番号
0475-47-3906
駐車場
駐車場23台(お隣のブックオフさんと共同駐車場)

サイトマップ

Copyright © 茂原しん整骨院. All rights reserved.