いすみ市より子供の自律神経失調症の患者様の来院が増えております。 | 茂原市の茂原しん整骨院

千葉県茂原市高師1695
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります
  • 診療時間
  • 電話番号
アクセス

いすみ市より子供の自律神経失調症の患者様の来院が増えております。

2018/04/12 | カテゴリー:スタッフブログ

茂原の茂原しん整骨院の山岡です。

最近はいすみ市からの来院が増えております。その中でも子供の自律神経失調症でのお悩みで来院される事が多いです。そして、親御さんたちに連れられてきた子供たちは「自律神経失調症」の症状によって勉強に集中できない、部活に全力に取り組めないなどといった悩みを抱え、まともに小学校・中学校・高校に行けていない子供たちがほとんどです。

ご両親からお話を聞くと子供からの体調不良の訴えを聞いた時に最初は、ただの気持ちの問題だろう、学校に行くのが面倒くさくなっただけだろうと、これと言って気にもとめずにそのうちよくなるだろうと思っていたそうですが、あまりにも長期にわたって同じ症状を訴えるので病院へ検査を受けに行ったという方が大多数です。

 

いすみ市から来院した方たちもそうでしたが実際に病院へ行って血液検査、レントゲン検査、脳検査等の検査を受けたとしても自律神経失調症では基本的に異常が検出されることはまずありません。

子供 体調不良 フリー素材 イラスト に対する画像結果

子供にも好発する自律神経失調症とは、その名の通り自律神経という神経の働きが失調している状態です。その自律神経とは脳と背骨の間から分布します。そして全身のほとんどの器官を意識とは関係なく体内外の状況に合わせてコントロールしています。それにより血圧・心拍数・体温の調節や、ホルモン分泌・消化・排泄などの調節を行っているのです。上記の通りこの調節に障害がある状態を自律神経失調症と呼びます。

そもそも自律神経の働きが乱れるのには理由があります。自律神経失調症を抱える子供たちには共通点である「姿勢の悪さ」があります。姿勢の悪さとは頭部の位置・背骨のバランスの乱れの事です。そうなると上記の   部にあるように、そこを通過する自律神経へ圧迫力・牽引力が加わることで機能低下を示します。この結果として様々な体調不良を招くのです。

 

これらの異常は西洋医学的な検査所見で異常は検出されず、精神的なものからくる自律神経失調症だとされて、心療内科への受診を促され、向精神薬や頭痛薬のみで対処をする方が多いです。しかし、自律神経失調症がこういった薬で治ることはありません。むしろ、こういた薬の長期服用は更なる神経機能の低下を招き、小学生中学生の子供のころから長期間の服用を続ければ、将来的な結果として様々な「病気」へ繋がることは間違いないでしょう。

子供の自律神経失調症を治すには神経の機能低下による結果(症状)への治療ではなく、

神経の機能低下の原因を治療することが大切だと当院では考えております。

子供たちの将来の健康を作る為のお手伝いをさせていただきますのでお困りの方はご相談ください。

スタッフブログ一覧へ戻る

茂原しん整骨院 電話番号
大網白里整骨院 電話番号

交通事故お役立ち情報

一覧はこちら

症状別に見る

一覧はこちら

施術メニュー

一覧はこちら

当院について

アクセス情報

住所
千葉県茂原市高師1695番地
診療時間
午 前 10:00~13:00
※土曜日・祝日は9:00~
午 後 16:00~22:00
定休日 水・土・祝午後、日曜
電話番号
0475-47-3906
駐車場
駐車場23台(お隣のブックオフさんと共同駐車場)

サイトマップ

Copyright © 茂原しん整骨院. All rights reserved.