茂原で子供の起立性調節障害の治療を | 茂原市の茂原しん整骨院

千葉県茂原市高師1695
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります
  • 診療時間
  • 電話番号
アクセス

茂原で子供の起立性調節障害の治療を

2018/04/10 | カテゴリー:スタッフブログ

茂原の茂原しん整骨院の山岡です。

茂原起立性調節障害を治療するために、多くの子供たちがご両親に連れられて茂原しん整骨院へ来院しています。起立性調節障害の症状で悩む小学生・中学生・高校生の多くは思うように日常生活が行えずに学校での勉強や部活にも参加できない状況になっていることがほとんどです。現に不登校児の約4割は、この起立性調節障害になっているともいわれています。

 

こども 体調不良 イラスト に対する画像結果

子供の起立性調節障害は外見上明確な異常が分かるわけではなく、午前中に何となく体調がすぐれない事で学校に行きたくない、やる気が出ないという訴え程度の事が多いです。そのため、最初はただの気持ちの問題だろう…怠けている・だらけているだけであろう…生活習慣が悪いのがいけないのだろう…というようなことしか思わないご両親の方が多いようです。しかし、子供の起立性調節障害は気合いや生活習慣で改善することはありません。

 

子供の起立性調節障害とは脳への血液循環が不足状態となることで様々な不調が現れ、特に起床時から午前中にかけて強く症状が現れるのが特徴です。ではなぜ子供の起立性調節障害では脳への血液循環が悪くなるのでしょうか?それは自律神経の不調が背景にあります。自律神経とは脳と背骨から出ていて全身の各器官へ分布しており、内部や外部の環境に合わせて血圧・心拍数・体温・内臓などの働きを意識とは関係なくコントロールするようにできています。そのおかげで人間は多くの環境の変化の中で生活が出来ています。

そして、その神経の通過点である頭蓋骨と背骨の位置関係が異常を起こしている時、そのコントロールが制御不能になり、昼夜の体内サイクルが反転することで、午前中に体調不良が発生し午後になると回復する状態を特徴とした起立性調節障害が子供たちに多く発生するのです。

 

ここで治療法について考えてみましょう。

病院を受診して西洋医学的な検査を受けたとしても血液検査などで異常が出ることはなく、低血圧を指摘され血圧をあげる薬を処方されたり、運動や早寝早起きなど生活習慣を改善するようにといったアドバイスを受ける程度になります。しかし、よく考えてみてください。神経の働きの異常の為に発生した低血圧を昇圧剤で血圧をあげることが健康な状態に戻ったと言えるでしょうか?運動や睡眠などに至っては神経の機能低下によってできなくなっている事をちょっとしたアドバイスを機に改善させることができるのでしょうか?もちろん低血圧なら血圧をあげることも、運動も睡眠も食事も、どれも健康には欠かすことのできない大切なものです。しかし、どうやって健康な体内環境へ状態に戻すかということが子供たちの生涯を考えたうえで大切であると当院では考えております。

 

痛みなどの症状は結果でしかありません。

神経の機能低下を改善させるために、構造(頭部、背骨の位置)を整えることが

子供の起立性調節障害の治療において最速最短のルートです。

お力になれるようでしたたお気軽にご連絡ください。

スタッフブログ一覧へ戻る

茂原しん整骨院 電話番号
大網白里整骨院 電話番号

交通事故お役立ち情報

一覧はこちら

症状別に見る

一覧はこちら

施術メニュー

一覧はこちら

当院について

アクセス情報

住所
千葉県茂原市高師1695番地
診療時間
午 前 10:00~13:00
※土曜日・祝日は9:00~
午 後 16:00~22:00
定休日 水・土・祝午後、日曜
電話番号
0475-47-3906
駐車場
駐車場23台(お隣のブックオフさんと共同駐車場)

サイトマップ

Copyright © 茂原しん整骨院. All rights reserved.