不眠症ってなに? | 茂原市の茂原しん整骨院

千葉県茂原市高師1695
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります
  • 診療時間
  • 電話番号
アクセス

不眠症ってなに?

2018/03/17 | カテゴリー:スタッフブログ

茂原の茂原しん整骨院の山岡です。

当院へは自律神経失調症起立性調節障害腰椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症など様々な症状でお困りの方がご来院されます。これらの症状には大抵、不眠症の様な睡眠状態の異常を同時にお持ちの方が多いです。

睡眠 フリー素材 に対する画像結果

まず不眠症とはどんなものなのでしょうか?

不眠症は、寝付きが悪い・寝た気がしない・尿意ではなく何度も目を覚ましてしまう・目覚ましの時間よりも早く起きてしまう・夜寝れないのに日中にすごく睡魔がある・睡眠薬を手放せない……などの症状が発生します。

これらの原因は人によって様々です。例えば、精神的ストレスが大きく働いていたり、外傷による痛みがあったり、外部の騒音であったりと明確な原因のあるもの。上記のような原因が特にないもの。この二つに大別されます。後者の様な明確な原因ない不眠症はどの様な症状のタイプであっても原因は一つです。

それは、自律神経の機能が低下していることです。特に不眠症の場合は、自律神経の副交感神経の機能が低下し交感神経が優位になっている場合がほとんどです。この自律神経は脳や背骨から分布されており、頭や背骨の位置関係の異常があることによって神経の働きが悪くなります。この自律神経の働きの異常が頭や背骨のバランス(姿勢)の崩れた結果として不眠症という症状で現れるのです。

 

ではなぜ、この不眠症が様々な症状に影響を及ぼすのでしょうか?

睡眠とは人間にとって必要不可欠な時間です。睡眠中に身体は、脳や身体の疲労を取る働き、ストレスの解消、病気や骨折などのケガの回復を行っているためです。ですから、睡眠を正常にとれない状態が続けば、脳や身体の疲労は蓄積され、ストレスは溜まり、病気やケガの回復が遅くなる又は回復できない内部環境になってしまいます。

冒頭に記載した自律神経失調症起立性調節障害腰椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症などは、この睡眠障害によって回復することが出来なくなっていることがひとつの影響としてあります。

 

最速最短で健康な身体を作る為にまず、この睡眠を整えていく必要があり、その為には自律神経が本来の正常に働きを取り戻す事ができるように、姿勢(頭部や背骨のバランス)を整えることが第一に必要があるのです。そして前述したように健康の為だけでなく健康予防にもなります。

患者の健康と生命を第一に身体を診させていただきます

お力になれることがあればお気軽にご相談ください。

スタッフブログ一覧へ戻る

茂原しん整骨院 電話番号
大網白里整骨院 電話番号

交通事故お役立ち情報

一覧はこちら

症状別に見る

一覧はこちら

施術メニュー

一覧はこちら

当院について

アクセス情報

住所
千葉県茂原市高師1695番地
診療時間
午 前 10:00~13:00
※土曜日・祝日は9:00~
午 後 16:00~22:00
定休日 水・土・祝午後、日曜
電話番号
0475-47-3906
駐車場
駐車場23台(お隣のブックオフさんと共同駐車場)

サイトマップ

Copyright © 茂原しん整骨院. All rights reserved.