むち打ちの交通事故治療なら茂原や長生郡にお住まいの方は当院へ | 茂原市の茂原しん整骨院

千葉県茂原市高師1695
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります
  • 診療時間
  • 電話番号
アクセス

むち打ちの交通事故治療なら茂原や長生郡にお住まいの方は当院へ

2018/01/24 | カテゴリー:スタッフブログ

茂原にある茂原しん整骨院の西澤です。

茂原・長生郡では先日の大雪で交通網に多大な影響がありました。この辺りでは年間通しての降雪量が少ないのでノーマルタイヤのまま運転されている方も多いようですが、先日の様な突然の大雪だと交通事故も発生しやすくなるので、普段より慎重な運転を心掛けるようにしなくてはなりません。茂原しん整骨院にも大雪の影響で交通事故に遭われてしまった方が、すでに何名か来られました。今後も気温が下がり路面の凍結もあるので引き続き安全運転を心がけましょう。

関連画像

交通事故のケガは、一瞬の出来事なのでどのように痛めたかをほとんどの方が覚えていません。シートベルトをしてどこもぶつけてはいないのに、頭痛がする首が痛い腰が痛いという症状が起きます。規模の大きい交通事故になると、どこか一カ所のみ痛めるというよりも複数の部位を同時に痛めることもあります。中でも多いとされているのがむち打ち(外傷性頸椎捻挫)です。また、どこかをぶつけたり捻ったりしていたとしても必ずと言っていいほど、同時にむち打ち(外傷性頸椎捻挫)も起こしています。

「病院 イラスト」の画像検索結果

むち打ち(外傷性頸椎捻挫)の発生機序はシートベルトで身体を固定している分、ぶつかった衝撃で頭が前後左右とムチのように揺さぶられることで、首に剪断力と牽引力がかかり負傷します。この時、筋肉や靭帯、腱といった軟部組織の損傷に加えて神経機能の低下と背骨の歪みを発生させます。厳密にいうと歪みのきっかけがここで起こります。むち打ち(外傷性頸椎捻挫)では病院でのレントゲン等の検査では異常が発見されないため、外科的処置ではなく湿布や痛み止めといった対症的な処置のみとなることがほとんどです。しかしこれらは損傷を回復させるわけでもなく、神経機能の低下を改善させるものでもありません。本来、損傷を起こした組織の修復をするのは薬ではなく、自分自身の持っている回復能力です。その回復能力を調節、支配しているのは神経の働きです。そのためむち打ち(外傷性頸椎捻挫)の交通事故治療では、身体が回復できる環境づくり、神経機能の改善が大切となります。

〈むち打ちとなり当院に通院されていた方の声です〉

 

むち打ち(外傷性頸椎捻挫)に限らず、交通事故では手のケガ足のケガ肩のケガ膝のケガも起きるので、対症的な治療も必要にはなりますが、治療の根底には患者さん自身が回復できる環境を作ることが最も大切と考えて取り組んでいます。

関連画像

 

茂原・長生郡で交通事故に遭われむち打ち(外傷性頸椎捻挫)でお困りの方は

茂原しん整骨院へご相談ください。

スタッフブログ一覧へ戻る

茂原しん整骨院 電話番号
大網白里整骨院 電話番号

交通事故お役立ち情報

一覧はこちら

症状別に見る

一覧はこちら

施術メニュー

一覧はこちら

当院について

アクセス情報

住所
千葉県茂原市高師1695番地
診療時間
午 前 10:00~13:00
※土曜日・祝日は9:00~
午 後 16:00~22:00
定休日 水・土・祝午後、日曜
電話番号
0475-47-3906
駐車場
駐車場23台(お隣のブックオフさんと共同駐車場)

サイトマップ

Copyright © 茂原しん整骨院. All rights reserved.