更年期障害 | 茂原市の茂原しん整骨院

千葉県茂原市高師1695
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります
  • 診療時間
  • 電話番号
アクセス

更年期障害

更年期障害に悩む女性のイラスト

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 更年期で様々な症状に悩まされている
  • ホルモン療法を行っているが症状が改善しない
  • 漢方薬を飲み始めたが効果を感じられない
  • 顔に大量の汗が出るので、どこ行くにも困ってしまう
  • 精神的なイライラ、落ち込みがあり悩んでいる
  • 肩こり、頭痛、めまいが酷くて日常生活に支障が出ている
  • 更年期から睡眠障害があり、朝から疲れている
  • 更年期障害なのかうつ病なのか解らないが精神的に参っている
更年期障害の本当の原因

更年期障害とは閉経前後のホルモンバランスが崩れやすい40~50歳くらいの女性に起こる様々な体調不良の総称の事です。最近では、男性にも更年期障害が増えてきたと言われています。ただ、ここで問題なのは西洋医学的に言われる、ホルモンバランスが崩れるだけが原因なのでしょうか??

更年期障害を引き起こすホルモンバランスの図

ある程度の年齢になれば誰でも閉経やホルモンバランスは変化します。ホルモンバランスだけが原因ならば年を取らない人はいない訳ですから、誰もが更年期障害となるはずです。でも、現実には閉経前後でも更年期の症状が出ない方など沢山います。

その違いは何でしょうか??答えは自律神経の問題です。

元々、自律神経の機能低下がある状態でホルモンバランスが崩れる時期が合わさる事で更年期障害の症状が出ます。

年を取らない事は不可能な様に、ある程度の年齢になればホルモンバランスが変わる事は当然のことです。ただ、自律神経の働きが正常ならばホルモンバランスが変化した時に身体は細胞からその変化に自動的に合わせる事が出来るのです。人間にはその変化に対応できるように作られています。

自律神経機能が低下している方はその変化の対応が遅い、足りない事が原因となって症状が出てしまうのです。要するに、適応力が弱くなっているという事です。

更年期障害と自律神経失調症に関しての図

更年期障害の症状は何でしょうか?多種多様ありますが、ほとんどが自律神経失調症と同じ症状です。更年期障害の本当の原因はホルモンバランスの変化に対応できない身体という事です。

変化できない身体になってしまった原因は自律神経の機能低下にあります。そして、その自律神経の機能低下は姿勢、骨格の歪みが原因です。自律神経は脳や背骨から出ております。脳の自律神経も背骨を通って各器官に分布しています。

背骨が歪んでいたり、骨盤や頭部とのバランスが悪ければどうなるでしょうか?当然、通り道が悪くなります。圧迫や牽引力を受ける常に受け続けることになります。神経が切れてしまうほどの外力ではないので病院の検査では異常は見当たらないですが、何年~何十年も続けば自律神経機能は低下します。

それに合わさってホルモンバランスが崩れる時期が重なる事で更年期障害の症状を発生させることになるのです。ですから、姿勢の悪さによって自律神経が機能低下を起こし、それと重なってホルモンバランスに変化が起きた時に更年期障害が起きるという事です。

一般的な更年期障害の治療

当院での更年期障害の治療法

一般の症状一覧へ戻る

茂原しん整骨院 電話番号
大網白里整骨院 電話番号

交通事故お役立ち情報

一覧はこちら

症状別に見る

一覧はこちら

施術メニュー

一覧はこちら

当院について

アクセス情報

住所
千葉県茂原市高師1695番地
診療時間
午 前 10:00~13:00
※土曜日・祝日は9:00~
午 後 16:00~22:00
定休日 水・土・祝午後、日曜
電話番号
0475-47-3906
駐車場
駐車場23台(お隣のブックオフさんと共同駐車場)

サイトマップ

Copyright © 茂原しん整骨院. All rights reserved.