お薬が人を治す? | 茂原市の茂原しん整骨院

千葉県茂原市高師1695
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります
  • 診療時間
  • 電話番号
アクセス

お薬が人を治す?

2017/11/25 | カテゴリー:スタッフブログ

茂原の茂原しん整骨院の桑田です。

患者さんの治療歴などを当院では詳しく聞きます。そこでいつも驚かされるのが、薬の量です。体調が悪くなると病院へ行き、薬をもらって飲むそうです。そして、それが治療と思っています。対して身体に問題が無いと感じている方が余りにも多いのです。

何かあれば薬を飲む、、、、、これが身体にどれだけ悪影響を及ぼすのかも考えず、盲目的に出されて薬を飲みます。薬は基本的には身体にとって毒です。これは、薬剤師の学校などではまず初めに教えられる内容だそうです。身体に良い薬などはこの世には存在していません。ただの1つもです。

 

もちろん、必要な薬もあります。飲まなければ命を落とすような場合は将来的な健康を考える前に今をどうにかしなければならないのですから当然です。た

【お医者さんが出しているんだから容量を守れば大丈夫】この様に思われている方、多いのではないですか?では、その医師は自分がその患者さんと同じ疾患、同じ程度だとしたら自分自身や大切な家族に同じように処方するでしょうか?しない場合が多々あります。

例えば、降圧剤。降圧剤を脳んでいる人かなり多いですよね??異常に血圧が高い場合は必要かもしれませんが、多くの場合飲む必要もない人が何年、何十年と飲み続けています。高血圧の基準も昔よりだいぶ下がっています。今では140で異常だそうです(笑)ハッキリ言って適当な基準です。基準を下げて喜ぶのは製薬会社と医師だけです。いわゆる降圧剤ビジネスです。降圧剤は患者が死ぬまで医師の定期収入になります。手間もかかりません。ビジネスとしては最高です。

血圧が高いと脳梗塞、心筋梗塞が心配と言われます。降圧剤の薬を飲んでいる人は確実に年々増えています。だとしたら、脳梗塞や心筋梗塞は減るはずですが、増加していますね。降圧剤を飲んでいる人と飲んでいない人の脳梗塞、心筋梗塞の発生率は2%程度しか変わりません。必要ですか??

なる人はなる。ならない人はならない。そんなのを怖がるよりも降圧剤の副作用の方がよっぽど怖いのです。降圧剤は血流を無理やり薬の作用で抑制させるのです。要するに、血流を悪くさせるのです。血流が人間が健康で生きるためにどれだけ大切かは誰でも分かると思います。それの機能を低下させる事がどれだけ問題か考えるべきではないですか?

『血流を良くする食べ物をたくさん取るようにしている』『冷えない様に運動や服装には気を使っている』『血液サラサラにする為に玉ねぎを食べている』そんな事を言いながら降圧剤を飲み続けている、、、、何が何だか分かりません。

薬は必要です。しかし、飲む必要のない薬が圧倒的に多いのです。薬で身体を治そうという考え自体が間違えなのです。治すのは薬でなく自分自身の身体以外にありません。いい加減気が付かないと健康寿命は短くなり、寿命がただ長いだけで苦しい人生になるかもしれませんよ。

 

スタッフブログ一覧へ戻る

茂原しん整骨院 電話番号
大網白里整骨院 電話番号

交通事故お役立ち情報

一覧はこちら

症状別に見る

一覧はこちら

施術メニュー

一覧はこちら

当院について

アクセス情報

住所
千葉県茂原市高師1695番地
診療時間
午 前 10:00~13:00
※土曜日・祝日は9:00~
午 後 16:00~22:00
定休日 水・土・祝午後、日曜
電話番号
0475-47-3906
駐車場
駐車場23台(お隣のブックオフさんと共同駐車場)

サイトマップ

Copyright © 茂原しん整骨院. All rights reserved.