効果的な交通事故治療とは? | 茂原市の茂原しん整骨院

千葉県茂原市高師1695
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります
  • 診療時間
  • 電話番号
アクセス

効果的な交通事故治療とは?

2017/11/21 | カテゴリー:スタッフブログ

茂原市の茂原しん整骨院の山岡です。

長生郡睦沢町・白子町・長南町・長柄町・一宮町・長生村や、茂原市交通事故治療茂原しん整骨院へご相談いただければ幸いです。なぜご相談いただきたいのか、それは交通事故治療に関してのお話を今までご来院された多くの患者様から伺うときちんとした処置をしてくれている所が少ないのではないかと感じることが多いためです。そして昔の交通事故が原因となって体調不良を訴える患者様も多くご来院されるためです。

 

交通事故によるお怪我で一番多いむち打ち症の例を出してお話をしていきましょう。むち打ち症とは正式に外傷性頸椎捻挫という診断名が付きます。名前の通り骨の損傷はなく、軟部組織と言われる靭帯や筋肉などの損傷を起こしている状態でこれを捻挫と呼びます。そして軟部組織の損傷とともに、神経の働きの機能低下首の関節の動きに異常が併発することがほとんどです。

しかし、多くの整形外科では骨に異常(骨折や脱臼)がなく緊急性を呈さないむち打ち症に対しては、痛み止めの薬や筋弛緩剤と言われる筋肉の緊張を緩める薬、湿布薬などの処方だけで様子を見てと言われることが多く、それで症状に変化がでなくとも骨には異状ないから。と一蹴されてしまうことも少なくないようです。そして私共と同じ接骨院・整骨院ではというと、交通事故専門治療!と謳っておきながら技術・知識は乏しく、実際の治療は痛いところに長時間のマッサージをしたりするだけ…というところが多いようです。

 

これらの交通事故治療を継続して受け続けるということはむち打ち症に対して効果的とは到底言えません。むしろ症状の悪化や長期間の残存、そして将来的な体調不良の恐れを招くと言っても過言ではないでしょう。

 

薬での対処は急性期のどうしてもつらい症状に対して一過性に症状を抑えるだけでむち打ち症を治すものではありません。痛み止めの薬は神経系に作用して感覚を麻痺させているだけのものなので長期間の服用はその神経系を機能低下させることに直結します。長時間のマッサージはむち打ち症を改善するばかりか、さらなる筋肉の緊張を招いてしまい慢性的な症状残存の恐れも考えられます。そしてきちんと神経が自ら働かない環境が慢性的に長期間続いてしまうと将来的な体調不良を招くことにつながります。そうなってしまうと必然的に回復にも長期の治療が必要になってきてしまうのです。

交通事故によりお怪我をしてしまった場合は上記させていただいた内容をしっかりと理解したうえで身体の内側から神経が正常に働きだすような施術のように効果的な交通事故治療を受けられる医療機関を受診されることを強くお勧めします。

 

茂原しん整骨院では「患者の健康と生命を第一に」を治療の理念として交通事故に遭われた患者様を最速・最短で健康な状態に改善することができるように、出来なくなってしまったことを再び行うことができるように、交通事故治療にあたらせていただいております。当院でお力になれることがあればお気軽にご相談ください。

スタッフブログ一覧へ戻る

茂原しん整骨院 電話番号
大網白里整骨院 電話番号

交通事故お役立ち情報

一覧はこちら

症状別に見る

一覧はこちら

施術メニュー

一覧はこちら

当院について

アクセス情報

住所
千葉県茂原市高師1695番地
診療時間
午 前 10:00~13:00
※土曜日・祝日は9:00~
午 後 16:00~22:00
定休日 水・土・祝午後、日曜
電話番号
0475-47-3906
駐車場
駐車場23台(お隣のブックオフさんと共同駐車場)

サイトマップ

Copyright © 茂原しん整骨院. All rights reserved.