整骨院と病院の交通事故治療の違い | 茂原市の茂原しん整骨院

千葉県茂原市高師1695
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります
  • 診療時間
  • 電話番号
アクセス

整骨院と病院の交通事故治療の違い

2017/11/20 | カテゴリー:スタッフブログ

茂原しん整骨院の西澤です。

交通事故治療において整骨院と整形外科を併用して通院するのが基本となります。今日は整骨院と病院の治療内容の違いについて書きたいと思います。

そもそも、どうして整骨院と病院を併用して通院するのかというと、第一の目的としてはドクターからの診断や診察が車の保険のシステム上、必要となるからです。保険会社さんから治療を途中で打ち切られてしまうことがありますが、原則として治療期間を決められるのはドクター以外他にはいません。そのため定期的に病院に行き診察を受けることで、現在の身体の状態を診てもらい、まだ治療が必要か否かを判断してもらわなくてはなりません。

 

もう一つの理由が今日のテーマでもある、整骨院と病院の治療内容の違いが挙げられます。まず交通事故で骨折や脱臼をした場合、整骨院ではドクターの許可がなければ治療することができないため、症状や身体の状態によってドクターの判断でどちらで治療を行っていくかは異なります。ですので今から書くのは骨に異常がないと言われたもの、その中でも特に多いむち打ち症に対しての治療の違いに限定したいと思います。

むち打ち症に対して多くの病院で行われているのは、主に電気治療、牽引治療、マッサージなどが挙げられますが、リハビリ等は一切行わず痛み止めや湿布等の処方のみを行うというところもあります。それに対して一般的な整骨院では、電気治療やマッサージがメインとなります。

効果の有無はさておき、今挙げた一般的な整骨院と病院に共通していることがあります。それは痛いところにだけ、痛いという症状にだけアプローチをするということです。

「???」の方が多いと思いますので細かく説明すると、むち打ち症では筋肉、腱、靭帯だけでなく神経の損傷や機能低下も同時に発生することがあります。詳しいメカニズムに関してはこちらをクリックしてご覧ください。筋肉を動かしたりすることはもちろん、筋肉へ栄養補給するための血液の循環などを無意識的に支配しているのは神経です。その神経の働きが悪いと、筋肉の緊張がなかなかとれなかったり、損傷している細胞の入れ替えが行われないなどし結果的に痛みとして症状を引き起こします。

 

話を戻しますと、痛みの出ている筋肉だけに電気治療やマッサージを行いその場だけ痛みを引かせたり、痛み止めを飲むことで神経を麻痺させ痛みを感じにくいようにすることは、大元の神経を回復させないことにはどちらもやめてしまったら症状が元に戻ってしまうのは分かりますよね?

 

このような治療が悪いわけではありません。ただそれだけをやっていても治りはしないということです。

今日のテーマである整骨院とは、治療内容に関しては茂原しん整骨院に例えているので、厳密には茂原しん整骨院と病院または一般的な整骨院の治療内容の違いということになります。

当院で考える交通事故治療に関しては、こちらをクリックしてご覧ください。

茂原や長生郡で交通事故に遭われてしまい、困っているという方の助けになれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スタッフブログ一覧へ戻る

茂原しん整骨院 電話番号
大網白里整骨院 電話番号

交通事故お役立ち情報

一覧はこちら

症状別に見る

一覧はこちら

施術メニュー

一覧はこちら

当院について

アクセス情報

住所
千葉県茂原市高師1695番地
診療時間
午 前 10:00~13:00
※土曜日・祝日は9:00~
午 後 16:00~22:00
定休日 水・土・祝午後、日曜
電話番号
0475-47-3906
駐車場
駐車場23台(お隣のブックオフさんと共同駐車場)

サイトマップ

Copyright © 茂原しん整骨院. All rights reserved.