事故後からの頭痛に痛み止めだけ? | 茂原市の茂原しん整骨院

千葉県茂原市高師1695
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります
  • 診療時間
  • 電話番号
アクセス

事故後からの頭痛に痛み止めだけ?

2017/11/15 | カテゴリー:スタッフブログ

茂原市の茂原しん整骨院の山岡です。

交通事故でのむち打ち症頭痛が続いていたという、長生郡からご来院されていた患者様が約3ヶ月のリハビリを適切な頻度で通院していただき徐々に症状は緩解され、先月をもって治癒となりました。

 

交通事故に遭い、最も負傷する可能性の高いむち打ち症、そしてその影響から高い確率で発生する頭痛に対して「治す」対処とはどういったものなのかを例を踏まえてご説明したいと思います。

まず、交通事故による頭痛で病院を受診すると、緊急性のある脳への直接的なダメージがない頭痛には痛み止めの薬だけ処方され、急性期が過ぎてからも経過を見てくださいと言われるだけの事が一般的に多いようです。しかし痛み止めの薬を飲んで頭痛が落ち着いたとしてもそれは治ったとはいえません。それは、一過性に痛みを感じなくなっただけです。

 

例えば、家が火事になったとします。火事が起こるとセンサーが稼働して非常ベルが鳴りますね?その非常ベルがあるおかげで異常が発生していることに気が付き、火がそれ以上燃え広がらないように対処することができます。ここで、非常ベルを耳にしたときにあなたは、カンカンと鳴り響く非常ベルを叩き壊しますか?それとも、火を消すように対応しますか?

この話に例えれば俄然、後者を選ぶ方がほとんどだと思います。

 

医療の話に戻すと、痛み止めなどの薬は一過性に症状を感じなくさせているだけなので非常ベルを壊す側の選択です。例外として急性期のあまりにも強い症状が出ている場合の薬の使用は応急的な方法として良いものですが、急性期が過ぎてからの時期に服用し続けることはこの非常ベルを叩き壊しているのと同じことだと考えて頂ければ結構です。

では火を消すためにはどうしたらいいのでしょうか?頭痛がなぜ起こっているのか?その根源を解決しなければならないのです。痛みを抑えるだけでなく痛みが出ている原因の解決です。ほとんどの場合はむち打ち症により、頚の自律神経系に異常が発生していることがほとんどで、それにより脳への血液循環に支障が出て頭痛が発生するのです。そしてその異常を根本から治療せずに放置すると火はどんどん他の場所にも燃え移っていき将来的な体調不良を引き起こします。

火が広がりすぎるとその鎮火に時間がかかるように、身体の修復にも時間がかかるようになります。

通事故後から頭痛がありお困りの方は将来的な健康面もお考えになったうえで、専門的な交通事故治療を受けることをお勧めします。茂原市長生郡一宮町・睦沢町・長生村・白子町・長柄町・長南町にお住まいの方で当院でお力になれることがあればお気軽にご連絡ください。

スタッフブログ一覧へ戻る

茂原しん整骨院 電話番号
大網白里整骨院 電話番号

交通事故お役立ち情報

一覧はこちら

症状別に見る

一覧はこちら

施術メニュー

一覧はこちら

当院について

アクセス情報

住所
千葉県茂原市高師1695番地
診療時間
午 前 10:00~13:00
※土曜日・祝日は9:00~
午 後 16:00~22:00
定休日 水・土・祝午後、日曜
電話番号
0475-47-3906
駐車場
駐車場23台(お隣のブックオフさんと共同駐車場)

サイトマップ

Copyright © 茂原しん整骨院. All rights reserved.