頭痛?自律神経失調症?うつ病? | 茂原市の茂原しん整骨院

千葉県茂原市高師1695
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります
  • 診療時間
  • 電話番号
アクセス

頭痛?自律神経失調症?うつ病?

2017/11/13 | カテゴリー:スタッフブログ

茂原市茂原しん整骨院の廣瀬です。
 
何年も頭痛で悩んでいる方も来院されますが、頭痛がでたときにどうしていますか?
 
頭痛が起こったときの対処法として一番多いのが『頭痛薬』や『マッサージ』などで乗り切ろうとすると思いますが、頭痛薬やマッサージで頭痛が治ったという人は聞きませんし、このふたつに頼っている人は痛みが強くなってきたり、頭痛のでるサイクルが早くなってきたりとどんどん悪化するという人が多いです。
 
 
病院へ行き、痛みや症状を訴え、レントゲン、MRIを撮影しても「異常なし」と言われ、とりあえず様子を見ましょうと帰された人も多いはずです。
 
その結果、何年も辛い痛みやめまい、吐き気などの症状に悩み、耐えきれずにまた他の病院を探し、検査しても「異常なし」
 
その頃には自律神経の症状も強く出ているので、ただの頭痛だったものが「自律神経失調症」と病名がつくかもしれません。そしてまた飲む薬が増え、頭痛が治らないので、自律神経の症状も治らないまま何年も薬を飲み続けることになります。
 
そして、また病院を変えてもレントゲン、MRIと同じ検査をし「異常なし」
 
それでも症状を訴え続ければ「うつ病」と新しい病名が増え、薬も増えます。
 
もらった薬の名前をネットで調べれば効果が書いてありますが、自律神経失調症を治す」「うつ病を治す」とは書いてありませんし、自律神経失調症もうつ病も機能の働きが悪くなった結果でしかありません。
 
頭痛とは…詳しくはコチラ
 
頭痛では原因のはっきりしない一次性頭痛と病気や怪我など原因のはっきりしている二次性頭痛に別れますが、
何年も治らずに苦しんでいる方が多いのが原因のはっきりしない一次性頭痛になります。
 
一次性頭痛は筋緊張や血管の拡張で神経を刺激し痛みを起こしますが、その血管の調節をしているのも神経です。
 
神経の働きが悪くなり、血管などの調節の機能がうまく働かず頭痛が起こり、自律神経機能もうまく働かないので、頭痛が悪化すると自律神経症状が伴ってきます
 
神経の働きがなぜ悪くなるのかというと、構造が乱れてしまっているからです。構造が乱れるとは?
 
例えば
膝を曲げ正座をする(足の神経の構造が乱れる)
足がしびれる(機能が働かない)
 
ここで、薬を飲んでも足をマッサージしても足のしびれはとれません
 
ではどうするか?
 
立ち上がります(構造を治す)立ち上がった直後はしびれが強く出ますがしばらくすればしびれは自然になくなります。(機能が自然に回復する)
 
『構造と機能を治しからだが自然と治るようにする施術』茂原しん整骨院では受けられます。
 
最近では10代の学生が『起立性調節障害』とあまり聞きなれない病名をつけられ、根本的な原因を解決せずに薬だけが増え学生時代から薬漬けになり学校にも通えずにいることも増えています。
 
困り果てて探しだした治療院で問診、検査時間に数分しかとらずに首や背中をバキバキと強刺激な施術を受け悪化してしまったという話も多いです。
 
当院ではモアレ検査や病院からの検査データも参考にし、1時間ほど問診、検査に時間をかけてから小学生や高齢のかたでも受けられる低刺激な刺激で施術します。
 
頭痛を抑えるのではなく、頭痛がでない体にしたい方は勝浦や御宿からも頭痛で来院実績の多い茂原しん整骨院までお問い合わせください。

スタッフブログ一覧へ戻る

茂原しん整骨院 電話番号
大網白里整骨院 電話番号

交通事故お役立ち情報

一覧はこちら

症状別に見る

一覧はこちら

施術メニュー

一覧はこちら

当院について

アクセス情報

住所
千葉県茂原市高師1695番地
診療時間
午 前 10:00~13:00
※土曜日・祝日は9:00~
午 後 16:00~22:00
定休日 水・土・祝午後、日曜
電話番号
0475-47-3906
駐車場
駐車場23台(お隣のブックオフさんと共同駐車場)

サイトマップ

Copyright © 茂原しん整骨院. All rights reserved.