むち打ち症の効果的な治療法 | 茂原市の茂原しん整骨院

千葉県茂原市高師1695
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります
  • 診療時間
  • 電話番号
アクセス

むち打ち症の効果的な治療法

2017/11/07 | カテゴリー:スタッフブログ

茂原市の茂原しん整骨院の山岡です。

交通事故により一番負傷することの多いものとしてむち打ち症があります

交通事故治療で大切なこと、効果的に治療するためにはどうしたらいいのかということについてご説明します。

 

「むち打ち症」多くの方が一度は耳にしたことがあると思いますが正式な負傷名は「頸椎捻挫」と言います。

「頸椎」とは首の背骨。「捻挫」とは関節の靱帯や腱、軟骨などに傷がつく怪我の事です。

足首や指の捻挫をイメージしていただくとわかりやすいと思いますが、捻挫をしたらまず痛みを抑えるためにアイシングをして、安静を保つために固定をします。そして一定期間が過ぎ固定を除去した後は関節や筋肉などの機能が元通りに働くようリハビリをしますね?首の捻挫(むち打ち症)にも同じことが言えます。

 

交通事故にあわれてすぐの急性期と言われる状態には炎症を抑え、今あるつらい症状を最低限に抑えるのと同時にそれ以上悪くならない状態をつくっていくような対症療法を行っていきます。

当院ではアイシング、微弱電流、超音波治療、頸椎カラーなどを用いて患部の炎症の早期鎮静を目指します。

 

急性期が過ぎ炎症が落ち着いてからは、前述した足首や指の捻挫と同じようにリハビリを行っていきます。関節の動きや筋肉の機能が元通りに働くよう施術していきます。また、頸椎には足首や指などとは違い身体を無意識に常時コントロールしている非常に大切な自律神経と呼ばれる神経が通過しています。この部分の神経の働きを事故にあう前の状態へ導くことがむち打ち症の最も効果的な治療であるとともに、根本的に改善をするために必ず必要な治療なのです。ちなみに、この時期に入ってからも痛み止めなどの薬を毎日のように服用し続けているとこの神経がうまく働かなくなり長引く体調不良へと移行していきます。

 

当院ではこの炎症期が過ぎてからの神経系の働きを正常に導く治療が最も大切な治療だと考えております。

「交通事故は後からつらくなる」と、大多数の方が聞いたことがあると思いますが、それはこの時期に適切な検査・治療を行わず神経の働きに異常を残したままの生活を送って、筋肉や内臓、血管、関節などが機能低下を起こした状態が長引くことによって、事故から数年たってから症状が出ることがあるのです。その為、将来的な健康面も考え数年後に症状を出すことのないように治療を選択する必要があるのです。

当院では脊椎関節の位置、動きを正常化する事によって神経の働きを正常化し根本的に改善させます。
手での不正確で危険性がある脊椎の矯正治療とは違い、高感度医療機器システムで行う為に正確で安全な弱い刺激での施術をさせていただきます。

 

むち打ち症交通事故治療をされる医療機関をお探しの場合は茂原しん整骨院へご相談ください。

スタッフブログ一覧へ戻る

茂原しん整骨院 電話番号
大網白里整骨院 電話番号

交通事故お役立ち情報

一覧はこちら

症状別に見る

一覧はこちら

施術メニュー

一覧はこちら

当院について

アクセス情報

住所
千葉県茂原市高師1695番地
診療時間
午 前 10:00~13:00
※土曜日・祝日は9:00~
午 後 16:00~22:00
定休日 水・土・祝午後、日曜
電話番号
0475-47-3906
駐車場
駐車場23台(お隣のブックオフさんと共同駐車場)

サイトマップ

Copyright © 茂原しん整骨院. All rights reserved.