いすみ市からも頭痛、自律神経失調症の患者さんが多数 | 茂原市の茂原しん整骨院

千葉県茂原市高師1695
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります
  • 診療時間
  • 電話番号
アクセス

いすみ市からも頭痛、自律神経失調症の患者さんが多数

2017/09/14 | カテゴリー:スタッフブログ

茂原しん整骨院の桑田です。当院は茂原市にありますが、最近ではいすみ市からも頭痛や自律神経失調症で来院される方が非常に増えております。

本日、いすみ市から来られた患者さんは頭痛やめまい、肩こり、倦怠感等の症状で来院しました。これれらの症状で、20件以上も病院に行かれたとの事です!!!

病院によって診断は様々でしたが、血液検査、画像検査等の検査では異常が無い事から、精神的なもの、自律神経失調症など言われる事が多かったようです。

当院ではこの様な症状、通院歴を抱えた患者さんは珍しくなく、よくあるパーターンです。

自律神経失調症とは文字通り、自律神経の働きが低下した状態です。ですから、自律神経の働きが正常に戻れば、当然の事ながら、お悩みの症状は改善します。では、自律神経の働きが正常にさせるには何が必要でしょうか??

多くの方はお薬を思い浮かべる様です、、、、

例えば、自律神経失調症のよくある症状で頭痛があります。頭痛薬を飲めば頭痛が無くなる事もあります。そこで、よーーーく考えて頂きたいのは、薬を飲んだことで自律神経の働きが良くなり頭痛が治まったのでしょうか??

それとも、頭痛薬を飲んだことで、神経の働きを阻害して頭痛が感じなくなったのでしょうか??

答えは、明らかに後者ですよね。自律神経失調症を改善するには神経を正常に働かせる事が大切です。薬は一時的には症状を抑えるかもしれませんが、神経の働きを阻害するものなので、自律神経失調症を改善させるには毒以外の何物でもありません。

では、どうすれば良いか??

答えは構造(姿勢)と機能(器官の働き)の改善です。神経は脳と背骨から出ています。姿勢が悪ければ神経機能の通り道が悪くなったり、神経に牽引力が働いたりして病院の検査では分からない程度ですが、神経機能の低下が起こります。

微量かもしれませんが、神経機能が低下した状態が何年、何十年と続いていたらどうでしょか??ちりも積もれば何とやらです。

ストレスが原因です!!ストレスを無くしましょう!!もちろん、ストレスも自律神経失調症の要因かと思います。ただ、多くの患者さんを見させて頂いていると、姿勢が悪く、神経機能の働きの悪い方はネガティブになりやすく、精神的なストレスを溜めやすい傾向にあります。

それもそのはず。脳は頭部にあります。首の傾きなどで脳の位置が悪ければ、働きも悪くなります。そうなると、脳もリラックスしにくくなります。睡眠の質も保てません。

もちろん、いじめや過度のパワハラ、過重労働はストレスによって自律神経失調症になると思います。しかし、大した理由も無いのにストレスを感じやすく、ネガティブになりやすい方は神経系の疲れが抜けずに、自律神経失調症になっている可能性もあります。

ですから、自律神経失調症の治療の第一選択肢は姿勢を良くする事です。ストレスを溜めにくく、元気な方は姿勢が良いという事が共通点です。

いすみ市で自律神経失調症や頭痛で長年お悩みの方は茂原しん整骨院にご相談ください。

スタッフブログ一覧へ戻る

茂原しん整骨院 電話番号
大網白里整骨院 電話番号

交通事故お役立ち情報

一覧はこちら

症状別に見る

一覧はこちら

施術メニュー

一覧はこちら

当院について

アクセス情報

住所
千葉県茂原市高師1695番地
診療時間
午 前 10:00~13:00
※土曜日・祝日は9:00~
午 後 16:00~22:00
定休日 水・土・祝午後、日曜
電話番号
0475-47-3906
駐車場
駐車場23台(お隣のブックオフさんと共同駐車場)

サイトマップ

Copyright © 茂原しん整骨院. All rights reserved.