腰痛 | 茂原市の茂原しん整骨院

千葉県茂原市高師1695
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります
  • 診療時間
  • 電話番号
アクセス

腰痛

腰痛に慢性的に悩む男性のイラスト

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 朝、起き上がる時から1時間くらいは腰が痛い
  • 夕方になると仕事の疲れが合わさって腰に痛みが出る
  • 靴下や靴を履く時に前屈になるのが辛い
  • 椅子から立ち上がる時に腰に痛みが出る
  • 腰を伸ばすと痛みが出るので身体を伸ばせない
  • 長時間、立っていると腰がどんどん重くなり鈍痛となる
  • 病院で電気や牽引治療しているが改善している気がしない
  • マッサージやハリなど良いと言われる治療は色々試したが改善しない
  • ストレッチや腰痛体操をやっているが一時的に楽になるだけ
  • 椎間板が薄くなっているから治らないと病院で言われた
腰痛の原因

腰痛は男女ともに有訴者率1、2位を占める、まさに国民病とも言われる疾患でもあります。腰痛というのはそもそも、症状であり病名ではありません。『腰が痛い』というのが症状で、その症状を引き出すには原因がありますが、厚生労働省の発表では原因不明の腰痛が85%です。

腰痛に関する説明の検査写真

整形外科でレントゲンやMRI検査を行うと『ヘルニア』『脊柱管狭窄症』『すべり症』『腰椎症』という様な疾患名を付けられますが、それすらも『腰痛の原因』かはハッキリしていません。何故ならば、腰痛などない健常者でもヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎症がある事は文献により様々ですが5~8割もの高確率で見つかると言われています。

 

また、ヘルニア、脊柱管狭窄症などで手術をしても症状が取れない、またはすぐに再発する事からヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症、腰椎症などが画像検査で確認されても『腰痛の原因』かは不明と言われています。原因が特定でき、腰痛の症状が確実に良くなる手術などの適応の腰痛は5%程です。要するに、整形外科で根本的に治療出来る腰痛は5%程度になるのです。逆にその5%に該当する方は整形外科での手術以外に方法は無いとされています。

要するに、ヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症、腰椎症など腰痛の原因の全てとされていたのは一昔前で、現代医学では非常識になっています。では、何が原因なのでしょうか?

最近では『脳』『社会的ストレス』が注目されています。何かで腰を痛めると脳がその痛みを記憶して、腰の痛みの原因は改善したのに痛みだけが残ってしまう事が慢性的な腰痛の原因とされています。また、医師に診断名を告げられたことで、腰痛は治らないと信じ込んでしまう事も問題とされています。簡単に言えば『脳の勘違い』『脳の誤作動』とも言えます。

茂原や長生郡、いすみし、御宿、勝浦、茂原、君津、市原、木更津で腰痛に悩む方々のイラスト

または、家庭でのストレス、職場でのストレスなど人間関係のストレスによって脳の血流や必要な物質が減るために腰痛が慢性化するとも言われています。良くなった事はあまり見ずに、痛いとこ探しする様なネガティブ思考の方も腰痛を慢性化させると言われています。

要するに、脳の勘違い、ストレスが原因なのでは?と言われているので対人関係のストレスに対してのカウンセリングや読書で腰痛の知識を付ける、犬を飼うなど方法も良いとされています。

最近の日本の腰痛ガイドラインでは抗不安薬なども効果ありとされています(笑)他の症状で向精神薬を飲み続けている方でで腰痛が無い方など殆どいませんので、腰痛に効果があるとは臨床上は言えません。ですから、それだけは副作用もあるし、長い目で見て腰痛を悪化せるだけなので私としては絶対にお勧めできません。

カウンセリングや読書で知識を付ける、犬を飼うなども良いとは思いますが、それで改善するのは『簡単に治る腰痛』です。時間の経過で良くなるよる腰痛だと私は考えます。もちろん、脳の誤作動、対人関係、知識の無さ、ネガティブ思考なども腰痛の原因としては考えられますが、それが原因の全てだとするとヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、腰椎症は全く腰痛に関係ないという事になります。実際にこの様な疾患名がある方は同じような症状を訴えて病院に行かれるますので、それが無関係とは言えないと思います。

腰痛の本当の原因とは『構造と機能』の問題だと私は考えています。『構造』とは背骨や頭部のバランス、骨盤のバランスなどです。『機能』とは脳や神経機能を筆頭に循環器、呼吸器、消化器、免疫系、内分泌系の働きを言います。

腰痛と神経の関係のイラスト

ここで言っている、『構造』とは腰椎だけでなく身体全体の構造です。この構造が崩れると、脳や背骨から出る神経の働きが低下した結果、身体全体の『機能』が低下して何らかの症状を起こします。それが、慢性的な腰痛にも当てはまります。

『腰が痛いから腰椎だけが悪い』この考えが間違えなのです。身体全体の構造が崩れて身体の機能が低下し、尚且つヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症、腰椎症があるから『慢性的な腰痛』になるのです。これが『腰痛の原因』です。

上記の様な疾患があっても腰痛にならない方は全体的な『構造と機能』が正常だからです。逆に上記の様な問題が腰椎にあって『構造と機能』が低下しているから腰痛は治らないのです。

画像検査で腰椎に問題なしとされている方でも全体的な『構造と機能』に問題が有れば腰痛になりますが、重症度は低く、治りやすいと臨床上では言えます。

姿勢が崩れ、脳や背骨から出る神経の機能、特に自律神経機能が低下すると、脳も身体も疲れが抜けにくく、ストレスが溜まりやすくなります。、血流も悪くなります。骨格筋の働きも低下します。その結果、『身体の治す力』が低下して慢性的な腰痛になる。これが、腰痛の原因です。

一般的な腰痛の治療

当院の慢性腰痛対する治療の考え方

慢性腰痛の原因・治療法の動画説明

当院での腰痛の治療法

一般の症状一覧へ戻る

茂原しん整骨院 電話番号
大網白里整骨院 電話番号

交通事故お役立ち情報

一覧はこちら

症状別に見る

一覧はこちら

施術メニュー

一覧はこちら

当院について

アクセス情報

住所
千葉県茂原市高師1695番地
診療時間
午 前 10:00~13:00
※土曜日・祝日は9:00~
午 後 16:00~22:00
定休日 水・土・祝午後、日曜
電話番号
0475-47-3906
駐車場
駐車場23台(お隣のブックオフさんと共同駐車場)

サイトマップ

Copyright © 茂原しん整骨院. All rights reserved.